ワークスペース

ここではVSCodeのワークスペースについて学んでいきます。ワークスペースは複数のフォルダを同時に開くための機能で、例えばある開発でいくつかのフォルダを同時に編集しないといけないときなどにとても役に立つ機能です。

使い方としては、まずファイルを編集している状態でメニューバーから「名前をつけてワークスペースを保存」というメニューを選びます。ここで名前を入力すると、このフォルダをワークスペースとして保存できます。

ワークスペース

別のフォルダをワークスペースに追加するときは、メニューバーから「フォルダをワークスペースに追加」というメニューを選んで、追加したいフォルダを選びます。すると、ワークスペースにフォルダを追加することができました。

このワークスペースは、例えばひとつのWebアプリケーションでサーバー側とフロント側でフォルダを分けているときに、それぞれのフォルダをひとつのワークスペースとして管理することで、すごく便利にファイルを編集することができます。

備考

個人ではあんまり使わないかもしれませんが、例えば会社とかでチーム開発をするときは使うこともあるかもしれないので、ぜひ頭に入れておいてください。

著者
Hiroki Zenigami

テクニカルライター。元エンジニア。プログラミング教室を作るのが目標です🚀 共著で「現場で使えるRuby on Rails 5」を書きました。

スポンサーリンク

ブログをはじめよう

技術ブログの始め方を、たくさんの画像で分かりやすく解説しました。これまでブログをやったことがない人でも、エンジニアにとって重要なブログを今日から始められます。