日本語化

ここではVSCodeを日本語化する方法について学んでいきます。初めてVSCodeを起動すると、画面の右下の方に「VSCodeを日本語化しますか?」というメッセージが表示されます。このメッセージが表示されているときは、ここにある「インストールして再起動」というボタンをクリックするだけで、日本語化をすることができます。

日本語化のメッセージ

このボタンをクリックしてみます。すると、日本語化の拡張機能がインストールされて、自動でVSCodeを再起動してくれます。再起動されると、VSCodeが日本語化されていることがわかります。

メッセージが表示されないとき

この右下のメッセージを表示されていないときは、次の手順でVSCodeを日本語化していきます。説明のために、日本語化をリセットした状態にしています。

まず、左側の「拡張機能」を開きます。ここを開くと、拡張機能を検索するボックスにカーソルが当たっているので、ここで「japan」と入力してください。すると日本語化の拡張機能がヒットします。これをインストールするとVSCodeを日本語化することができます。

日本語化の拡張機能

インストールした後は再読み込みが必要なので、VSCodeを再読み込みしてください。これで、メニューなどいろんなところが日本語化されます。

著者
Hiroki Zenigami

テクニカルライター。元エンジニア。プログラミング教室を作るのが目標です🚀 共著で「現場で使えるRuby on Rails 5」を書きました。

スポンサーリンク

ブログをはじめよう

技術ブログの始め方を、たくさんの画像で分かりやすく解説しました。これまでブログをやったことがない人でも、エンジニアにとって重要なブログを今日から始められます。