コマンドパレット

ここではコマンドパレットについて学んでいきます。VSCodeにはいろんな便利な機能があって、例えば編集中のプログラミング言語を切り替えたり、みたいなことができます。こういった機能を呼び出すときにコマンドパレットを使います。

コマンドパレットは⌘+Shift+Pで表示できます。コマンドパレットを表示すると、検索ボックスとコマンドの一覧が表示されます。ここでコマンドを検索して実行していきます。

コマンドパレット

試しにプログラミング言語を切り替えてみます。まず新しいファイルを作って、JavaScriptのコードを貼り付けてみます。この状態では、まだこのファイルがJavaScriptであると認識してくれていません。

ここで、検索ボックスに「言語」と入力します。すると「言語モードの変更」という機能があるので、これを選択します。ここでJavaScriptを選択すると、ファイルの内容をJavaScriptとして認識してくれるようになります。

他にも、ファイルの保存などもコマンドパレットからできます。いろんな機能を実行できるので、ぜひ使えるようになっておいてください。

著者
Hiroki Zenigami

テクニカルライター。元エンジニア。プログラミング教室を作るのが目標です🚀 共著で「現場で使えるRuby on Rails 5」を書きました。

スポンサーリンク

ブログをはじめよう

技術ブログの始め方を、たくさんの画像で分かりやすく解説しました。これまでブログをやったことがない人でも、エンジニアにとって重要なブログを今日から始められます。