インストール方法

ここではVSCodeをインストールする方法について学んでいきます。VSCodeをインストールするには、まず公式サイトに行きます。公式サイトのトップページにVSCodeをダウンロードするボタンがあるので、それをクリックすればVSCodeをダウンロードできます。

VSCodeのダウンロード

ダウンロードが完了すると、「Visual Studio Code」というファイル名になります。これがVSCodeになります。最後にこのVSCodeをドラッグ&ドロップでApplicationsフォルダに移動すればインストールは完了になります。このアプリケーションを開くときですが、はじめて開くときだけ「このアプリケーションを開きますか?」という質問が表示されます。これを開くとすることでVSCodeを開くことができます。

VSCodeを開く
Windowsの場合

もしあなたがWindowsを使っている場合は、基本的にはやり方は同じですが、VSCodeをダウンロードしたあとで実行ファイルをダブルクリックして実行してください。あとは、画面にしたがって進めることで、Macと同じようにVSCodeをインストールすることができます。もしやり方を学びたい場合は、Googleなどで「VSCode Windows インストール」と検索してみてください。

著者
Hiroki Zenigami

テクニカルライター。元エンジニア。プログラミング教室を作るのが目標です🚀 共著で「現場で使えるRuby on Rails 5」を書きました。

スポンサーリンク

ブログをはじめよう

技術ブログの始め方を、たくさんの画像で分かりやすく解説しました。これまでブログをやったことがない人でも、エンジニアにとって重要なブログを今日から始められます。