どこでブログを作るか

ここまでのページで、技術ブログを始める重要さをなんとなく実感できたと思います。では、ブログを始めるとして、どのように作ればいいのでしょうか?ブログを作る方法としては、次の4つがあります。

  1. WordPressで作る
  2. ブログサービスを利用する
  3. 静的サイトジェネレータで作る
  4. 自作する

私はすべての方法でブログを運営してきましたが、このうちブログを長く続けるという前提だと、WordPressかブログサービスがいいです。なぜかというと、静的サイトジェネレータや自作の場合は、記事を投稿しづらかったり、ブログシステムの更新が面倒になり、継続しづらいためです。

特にブログをより書きやすく、より読みやすいものにしたければ、WordPressがいいです。ブログサービスでも問題はありませんが、無料であるがゆえの制約がいくつかあります。WordPressがいい具体的な理由として、次のことがあります。

  • Markdownで書ける
  • 管理画面が使いやすい
  • 表示速度が速い
  • アップデートが簡単
  • テーマが充実している
  • 広告が表示されない
  • SEO対策がしっかりされている
  • 実績や信頼性がある

つまり、書きたいのに書けないといった、ブログが続かなくなる大きな原因をなくすことができます。この入門では、ブログの代表的な作り方であるWordPressについて解説し、番外編としてブログサービスを利用した作り方を学びます。

関連記事

WordPressがいい理由について詳しくは、「技術ブログはWordPressがいい理由」をご覧ください。

それでは、WordPressを用いたブログの作り方について学んでいきます。すべてを完了するのに15分もかからないため、できれば今日ブログを作ってみてください。はじめに、ブログを設置するサーバーを選びます。

著者
Hiroki Zenigami

テクニカルライター。元エンジニア。プログラミング教室を作るのが目標です🚀 共著で「現場で使えるRuby on Rails 5」を書きました。

スポンサーリンク

ブログをはじめよう

技術ブログの始め方を、たくさんの画像で分かりやすく解説しました。これまでブログをやったことがない人でも、エンジニアにとって重要なブログを今日から始められます。