どんな記事を書くか

いざ技術ブログに記事を書こうと思っても、書くことが見つからないことがあります。こういうことが続くと、最悪の場合はブログの運営をやめてしまうかもしれません。こんなときに、記事のネタを出す方法を学んでおくと、記事を書きたいときに書けるようになります。

記事のネタを出すには、まず次の3つの項目について、思い付く限りを書き出します。

項目概要
1対象技術をどこで学んだかプログラミングスクール
2領域どの技術領域かRuby on Rails
3テーマ何について書くかエラーとその解決策

例えばプログラミングスクールでRuby on Railsを学んでいる場合、上の例のようなことを書き出せます。これを元に、「ローカル環境でRailsアプリが起動しないときの原因と解決策」というようなネタが生まれます。

このように、対象と領域、テーマを思い付く限りを書き出し、それらを組み合わせることで、記事のネタを出すことができます。これをメモアプリなどに記録しておけば、書くことが見つからないときに、ネタが見つかるかもしれません。

関連記事

記事のネタを出す方法について詳しくは、「技術記事のネタを出す方法」をご覧ください。

ここまでで、記事を書く方法と、記事のネタを出す方法について学びました。最後に、記事を書く時間がないときの対処法について学んでいきます。

著者
Hiroki Zenigami

テクニカルライター。元エンジニア。プログラミング教室を作るのが目標です🚀 共著で「現場で使えるRuby on Rails 5」を書きました。

スポンサーリンク

ブログをはじめよう

技術ブログの始め方を、たくさんの画像で分かりやすく解説しました。これまでブログをやったことがない人でも、エンジニアにとって重要なブログを今日から始められます。