技術ブログ入門エンジニアのための技術系ブログの始め方

情報発信

こんにちは、ぜに(@zenizh)です。技術ブログを書くのが好きで、2013年から技術ブログを書き続けています。またブログを通してエンジニアとして成長でき、転職やフリーランスの仕事につなげることもできました。

技術ブログって何?やるメリットは?やるかどうかはさておき、技術ブログを始めるのに必要なことを知りたい。

といった悩みに対して、この記事では次について解説します:

  • 技術ブログとは何か
  • なぜ技術ブログを始めるべきか
  • 技術ブログの作り方
  • どのように技術記事を書くか
  • どのように技術記事のネタを出すか
  • いつ技術記事を書くか
  • どのように技術ブログのアクセス数をふやすか
  • どのように技術ブログを収益化するか

この記事を読むことで、技術ブログの大切さがわかり、作り方・書き方がわかります。エンジニアとして継続的に成長・セルフブランディングするための基盤を作れるようになります。

この記事は、〈プログラミングを学び始めた方〉から〈すでに現場で活躍されている方〉までを対象に書いています。技術に関わるあなたの参考になると思っています。

この記事の使い方

この記事は各章の内容を簡潔にまとめつつ、より詳細に解説した記事を関連記事として示しています。本記事で概要を把握しつつ、各章について取り組むときは関連記事をご覧ください。

著者
ぜに/Hiroki Zenigami

Webエンジニア&プロダクトマネージャ←プログラミング教育で起業←東大院←熊本高専。 共著に「現場で使えるRuby on Rails 5」。

目次

技術ブログとは何か

ブログのイメージ

エンジニアにとって技術ブログは大切だということはよくいわれますが、そもそも技術ブログとは何でしょうか。技術ブログとは:

エンジニアが技術情報を発信することを主な目的としたブログのこと

をいいます。技術記事が書かれたブログであれば、技術ブログといえます。

ただ、エンジニアとひとことで言っても、いろんな種類があります。例えば:

  • Webエンジニア
  • Web制作者
  • アプリエンジニア
  • インフラエンジニア
  • 機械技術者
  • 科学技術者

があります。技術ブログはWebやアプリの文脈でよく聞きますが、広い意味で技術に関わる情報を発信するのであれば、それは技術ブログといえます。

この技術ブログには、どんなことを書いたりするのでしょうか。例えば次のようなことを書きます:

  1. エラーとその解決策
  2. ライブラリの紹介
  3. 言語やフレームワークのTips
  4. 知識の体系化
  5. 技術に対する考察
  6. 技術書のレビュー
  7. その他学んだこと

上記に関わらず、技術についてあなたが書きたいことを書くといいと思います。どんな内容でも、あなたと同じ悩みをもつ他の誰かの役に立ちます。

文章だけで説明してもわかりづらいので、以下に参考となる技術ブログをいくつか紹介します:

関連記事

loading...

技術ブログについて、なんとなくイメージはつかめたのではないでしょうか。次に、あなたが技術ブログを書くメリットについて解説します。

なぜ技術ブログを始めるべきか

メリットのイメージ

エンジニアは技術ブログを始めるべきとよく言われますが、それはなぜでしょうか。あなたが技術ブログを始めるメリットとしては、次の7つがあります:

  1. 知識が定着する
  2. 将来の自分の役に立つ
  3. 同じ悩みをもつ人の役に立てる
  4. 文章力が向上する
  5. 就職・転職で評価される
  6. 仕事の依頼が来る
  7. 広告収入を得られる

とくに大切なのは〈知識の定着〉と〈就職・転職での評価〉です。この2つだけでも、技術ブログを書くメリットとしてはとても大きいです。

技術ブログを書くことでスキルが高まり、より高いレベルの仕事ができるようになる。結果として学びがふえて、ブログに書けることがふえる。

この循環を回すことで、エンジニアとしての継続的な成長・セルフブランディングに大きく役立ちます。

早い段階、例えばプログラミングを学び始めたときから技術ブログを作っておくことで、エンジニアとしての価値を高めることができます。

関連記事

loading...

技術ブログを始めるメリットがわかったところで、次に技術ブログの作り方を解説します。

技術ブログの作り方

WordPressのイメージ

ここまでで、技術ブログの大切さをなんとなく感じたと思います。では、技術ブログを始めるとして、どう作ればいいのでしょうか。

技術ブログを作る方法としては、次の4つがあります:

  1. WordPressで作る
  2. ブログサービスを利用する
  3. 静的サイトジェネレータで作る
  4. 自作する

このうち、技術ブログを長く続けるという前提だと〈1. WordPress〉か〈2. ブログサービス〉がいいです。静的サイトジェネレータや自作は記事を投稿しづらかったり、システムの更新が面倒で長く続かなくなりがちです。

まずは代表的な方法であるWordPressでの作り方について解説します。具体的な理由として、WordPressは:

  • Markdownで書ける
  • 管理画面が使いやすい
  • 表示速度が速い
  • アップデートが簡単
  • テーマが充実している
  • 広告が表示されない
  • SEO対策がしっかりされている
  • 実績・信頼性がある

といったメリットがあります。「書きたいのに書けない」といった、技術ブログが続かなくなる原因をなくすことができます。

WordPressで技術ブログを作るには、次の手順で行います:

  1. サーバーを選ぶ
  2. WordPressをインストールする
  3. テーマを選ぶ
  4. ドメインを選ぶ

関連記事

loading...

次に、WordPressを用いた技術ブログの作り方について解説していきます。ブログに費用をかけたくない場合は「ブログサービスを選ぶ」まで読み進めてください。

① サーバーを選ぶ

まず、WordPressを設置するサーバーを選んでいきます。世の中にはたくさんのサーバーがありますが、WordPressを設置するための条件を満たすサーバーは限られてきます。

具体的には:

  1. ブログの表示速度が早いこと
  2. サーバーが安定して稼働すること
  3. 運営会社としての信頼性があること
  4. セキュリティ対策がされていること
  5. 管理画面が使いやすいこと
  6. バックアップが取れること
  7. WordPressの管理がしやすいこと
  8. サポート体制がよいこと
  9. 料金が安いこと
  10. 試用期間があること

の10項目です。これを満たすサーバーは次の3つで、この中から選べばいいです:

サーバーロリポップConoHa WINGColorfulBox
おすすめ度★★★★★★★★★★★★★★☆
料金550円〜/月828円〜/月968円〜/月
プランハイスピードWINGパック・ベーシックBOX2
初期費用無料無料無料
WebサーバーLiteSpeedApache+nginxLiteSpeed
転送料900GB/日27TB/月18TB/月
ディスク容量320GB300GB300GB
無料SSL
無料ドメイン×
セキュリティ
管理画面
バックアップ
WordPress管理
サポート体制
運営会社GMOペパボGMOインターネットカラフルラボ
運営開始2001年2013年2018年
プラン変更上位プランにのみ可
試用期間10日間なし(初月無料)30日間
公式サイトロリポップConoHa WINGColorfulBox

各サーバーについては次の記事で詳しく比較しています。細かな違いはありますが、この中であれば失敗することはないと思っています。

loading...

また、ロリポップについては申し込み〜WordPressのインストールまでを個別に記事で解説しています。

loading...

② WordPressをインストールする

上で選んだサーバーにWordPressをインストールするのはとても簡単です。というのも、上記3つのサーバーであれば管理画面からの操作だけでWordPressをインストールできます。

手動でインストールする場合は、公式ドキュメントの「WordPressのインストール」という記事が参考になります。

③ テーマを選ぶ

WordPressをインストールしたら、次はテーマを選びます。WordPressにテーマのインストールは必須で、その理由は:

  • 読みやすさが大きく向上する
  • 記事での表現の幅が広がる
  • SEO対策ができる

からです。

テーマについてもたくさんのテーマがありますが、次の5つの条件をもとに選べばいいです:

  • 高速表示できること
  • SEO対策がされていること
  • 投稿画面が優れていること
  • 継続的なアップデートが期待できること
  • デザインが好みなこと

この5つの条件を満たすテーマとして、次の3つがあります:

名前THE THOROPENCAGESANGO
おすすめ度★★★★★★★★★☆★★★★☆
大きな強み表示速度書きやすさデザイン性
SEO対策
アップデート
導入サポート-
料金¥16,280¥7,980〜¥11,000
運営者フィット株式会社株式会社bridge-
公式サイトTHE THOROPENCAGESANGO

この3つのうちのどれかであれば、まず失敗することはありません。公式サイトを見つつ、気に入ったものを導入するといいです。

loading...

④ ドメインを選ぶ

最後にドメインを選びます。本ブログでいうと applis.io ですね。

ドメインについては、上で解説したロリポップConoHa WINGであれば無料で取得することができます。サーバーにどちらかを選んだなら、あわせて取得するといいです。

ドメインを別途取得する場合は、お名前.comムームードメインのどちらかから取得するといいです。ドメインを取得するサービスもたくさんありますが、このどちらかであれば取得・管理の面でも失敗しません。

ブログサービスを選ぶ

技術ブログにコストをかけたくないときは、ブログサービスを選択するのも手ですね。WordPressより表示速度や自由度の面で劣りますが、技術ブログを始めるメリットを十分に得られます。

たくさんのブログサービスがありますが、次の6つの条件をもとに選ぶといいです:

  • Markdownで書けること
  • 表示速度が早いこと
  • SEOに強いこと
  • 書ける内容に制約がないこと
  • 日本語で発信しやすいこと
  • 運営の継続面で信頼できること

これをふまえて、技術ブログに最適なサービスは次の2つです:

厳密にいうと、Zennについてはブログサービスではなく情報共有コミュニティになります。ブログがよければはてなブログ、コミュニティへの投稿でよければZennが向いています。

loading...

以上で技術ブログを作ることができます。長く書き続けるのであればWordPressの方が向いていますが、あなたの好きな方法で始められるといいと思います。

次に、技術記事の書き方について解説していきます。

どのように技術記事を書くか

文章を書くイメージ

技術ブログはあなたの好きなように書けばいいのですが、より読まれるようにするためには〈書き始める前に記事を設計すること〉が大切になります。

具体的には、次の7つの項目を決めます:

順番項目概要
1キーワードどんな検索キーワードを想定するか
2ターゲットキーワードで検索するユーザーはどんな人か
3読者の悩み読者が悩んでいることは何か
4悩みが解決する条件悩みが解決するには何が必要か
5悩みの解決策悩みを解決するために何を書くか
6記事を読むメリット記事を読むことでどんなメリットがあるか
7記事の信頼性この記事が信頼できる根拠は何か

この7項目をもとに、次の3つを書いていきます:

  • タイトル
  • 導入文
  • 本文

読者はタイトルと導入文を見て、あなたの記事を読むかどうかを決めます。タイトルはキーワードをふくめつつ、興味をひくタイトルにしましょう。

導入文は、上の7項目をもとに次の流れで書きます:

順番内容ステップ①の項目
1読者の悩みに共感する3. 読者の悩み
2悩みが解決する条件を提示する4. 悩みが解決する条件
3記事で示すことを書く5. 悩みの解決策
4記事を読むメリットを示す6. 記事を読むメリット
5記事の信頼性を示す7. 記事の信頼性

順番は前後しても問題ありません。本ブログの技術記事は基本的にこの流れで書かれているので、書くときの参考にしてください。

最後に本文です。記事の設計とタイトル・導入文がしっかり書けていれば、本文は自由に書いても読んでもらえます。ただ次に示す8つの項目に気をつけることで、より読んでもらえるようになります:

  1. 結論を先に述べる
  2. 文章を短く切る
  3. わかりやすい単語を使う
  4. 読者が知りたいことだけを書く
  5. 再現条件を示す
  6. 認識を揃える
  7. 図や表、コードを提示する
  8. 一次情報を引用する

書く順序については、次のように書くといいですね。各ステップごとに推敲をすることが大切です:

  1. アウトラインを作る
  2. 文章を書く
  3. 公開する
  4. リライトする

関連記事

loading...

書き方にこだわって書けなくなるよりも、まず書くことが大切です。書き続けつつ、少しずつあなたなりの書き方を見つけていけたらいいと思います。

次に、技術記事を書くネタが思いつかないときの対策について解説します。

どのように技術記事のネタを出すか

ひらめくイメージ

いざ記事を書こうと思っても、書くことが思いつかないことがあります。そんなときに役立つ、技術記事のネタを出す方法を解説します。

技術記事のネタを出すときは、次のように〈対象〉と〈領域〉、〈テーマ〉の3つを意識します:

技術ブログのネタを出すコツ 対象×領域×テーマを組み合わせよう

例えばあなたが〈プログラミングスクール〉で〈Ruby on Rails〉を学んでいて、〈バグとその解決策〉についてのネタを考えるとすると:

項目
対象プログラミングスクール
領域Ruby on Rails
テーマバグとその解決策

例えば次のような技術記事のネタが生まれます。

ローカル環境でサーバーが起動しないときの原因と解決策

対象については業務や個人開発、領域はフロントエンドやプロダクトマネジメントなどがあります。

テーマについては:

  • エラーとその解決策
  • ライブラリの紹介
  • アーキテクチャ
  • 学んだこと
  • 知識の体系化
  • 技術に対する考察
  • 組織の課題と解決策
  • 本のレビュー

などが考えられます。以上3つの要素を組み合わせることで、たくさんのネタを出すことができます。この3つの要素をあなたなりにもっておくといいと思います。

関連記事

loading...

次に、書く時間がないときの対処法について解説していきます。

いつ技術記事を書くか

時間のイメージ

技術ブログを書くメリットは前述した通りですが、書きたくても書く時間が取れないかもしれません。いつ書けばいいかというと、結論は〈朝に書く習慣を作る〉です。

まず、いつ書くか?についての選択肢は次の3つがあります:

  • 朝に書く
  • 夜に書く
  • 休日に書く

その上で、大切なのは〈自分でコントロールできる時間の中で書く〉ことです。

夜は、仕事や学校・その他プライベートな予定が入りやすく、「書きたいのに書けない」ことがよくあります。休日も同様で、プライベートな予定が入ったり、「今週は疲れているから休もう」といった思考になりやすいです。

予定が入りづらく、コントロールしやすい時間帯である朝に技術ブログを書く習慣を作ることが大切です。仕事・学校に行く前に30分〜1時間の時間を取るようにしてみましょう。

書く曜日については、習慣化が大切なので〈毎朝書く〉といいです。例えば平日は毎朝7:30〜8:00は技術ブログを書く、と決めるといいです。

夜は、朝投稿できなかった記事を投稿したり、記事の推敲や技術調査といったスポット的な使い方をすると有用です。

関連記事

loading...

以上で技術記事を書くための知識は身についたと思います。次に、もっとたくさんの方に技術ブログを読んでもらうための方法について解説します。

どのように技術ブログのアクセス数をふやすか

検索のイメージ

せっかく技術ブログを書くなら、たくさんの方に読んでもらいたいと思います。方法としては1つで、〈記事のSEO対策〉をします。

技術ブログは、性質上その流入経路はGoogleなどの検索エンジンが中心となります。検索エンジンで上位に表示されるように、また表示されたときにクリックされるように、タイトルや本文を工夫することが大切です。

SEO対策といっても小手先のテクニックではありません。大切なのは〈コンテンツSEO〉、つまり読者のためのコンテンツ作りに注力することです。

具体的には、次の3つを行います:

  1. キーワードを選ぶ
  2. タイトルを決める
  3. 本文を書く

キーワードについては「どのように技術記事を書くか」で前述しましたが、ここではより戦略的にキーワードを選んでいきます。

使うツールは次の2つです:

例えばあなたがRuby on Railsのルーティングについての記事を書きたいとき、ラッコキーワードで「rails ルーティング」と入力します。すると、次のようなキーワード候補が表示されます:

  • rails ルーティング 書き方
  • rails ルーティング ネスト
  • rails ルーティング 確認

これらキーワードはユーザーがよく検索している単語、つまり悩んでいるユーザーが多いキーワードということになります。このキーワードをもとに記事を書くことで、ユーザーのための記事を書くことができます。

また、キーワードプランナーではキーワードから想定される検索数を調べられます。例えば「rails ルーティング 書き方」だと月間の想定検索数は100〜1,000回となっています。

この数字をもとに、記事を書くかどうかを決めるといいです。あまりに検索数が少ないと、いい記事を書いたとしても読まれることは少ないです。

タイトルについては、次に気をつけて決めます:

  • キーワードをふくめる
  • キーワードをタイトルのより左側に入れる
  • 33字以内にする

キーワードがタイトルの左側にあった方がクリック率が上がるというデータがあるのと、34字以上だと検索結果でタイトルが省略されるため、上記を満たすようにします。

以上のことに気をつけた記事を書いたとしても、結果が出るのは早くて3ヶ月、長くて1年ほどかかります。短期的なアクセス数は気にせず、まずは記事をたくさん書いていくといいです。

関連記事

loading...

以上で技術ブログを書くためのすべてを解説し終えました。最後に、技術ブログを収益化するための方法についてまとめます。興味がなければ読み飛ばしてもらえればと思います。

どのように技術ブログを収益化するか

マネタイズのイメージ

技術ブログは、広告を貼ることで収入を得ることができます。収益化というと難しそうに聞こえますが、サーバー代やドメイン代の他、技術書を買ったりするだけの収入は十分作れます。

本ブログの収入

本ブログの収入はこちらの記事で公開している通りです。技術ブログというアクセス数が多くないテーマでも、十分な収入が得られていることがわかると思います。

技術ブログを収益化する方法としてよくとられているのはGoogle AdSenseで、あなたも広告を目にすることはあると思います。ただ、AdSenseは技術ブログには向いていないので避けるべきです。

この理由として、AdSenseでまとまった収入を作るにはたくさんのアクセス数が必要になります。一般向けのブログならいいですが、読者層が少ない技術ブログでは収入になりません。

ではどうすればいいかというと、技術ブログを収益化するのに最適な方法として〈アフィリエイト〉があります。アフィリエイトとは、例えば次のような広告を貼ります:

  • 技術書
  • 転職・副業サイト
  • Webサーバー・独自ドメイン
  • プログラミングスクール

あなたも技術書のレビューを書いている技術ブログを見たことはあるのではないでしょうか。そういったブログもアフィリエイトをしていることになります。広告をクリックした読者の方が購入したら、その数%を報酬として受け取ります。

このアフィリエイトをするためには、ASPと呼ばれるサービスに登録する必要があります。ASPはあなたと広告主をつなげるサービスです。

ASPとの関係 ASPはあなたと広告主をつなぐ役割を果たします

たくさんのASPがありますが、技術ブログを運営するあなたにとって登録すべきサービスは次の5つだけです:

ASPおすすめ度概要
A8.net★★★★★最大手。広告数が豊富で使いやすい
もしもアフィリエイト★★★★★技術書などの商品に強い
アクセストレード★★★★☆人材系などジャンルによっては充実
バリューコマース★★★★☆国内初のASP。Yahooグループ
afb★★★★☆パートナー満足度率6年連続1位

上記ASPにはすべて登録しておくべきです。たくさんのASPに登録するのに抵抗があるなら、A8.netもしもアフィリエイトの2つだけでいいです。この2つでだいたいの広告をカバーできます。

A8.netともしもアフィリエイトは審査もないのですぐ登録できます。他の3つは審査があるので、記事を5件ほど書いた後で登録してみるといいです。

関連記事

loading...

loading...

記事広告の書き方

ASPに登録したとして、どうやって広告を掲載すればいいのか。これは商品を紹介する記事を書きます。例えば技術書のレビュー記事を書いたり、です。

これも好きなように書けばいいですが、よりクリックしてもらうには〈売れる書き方=セールスライティング〉について学ぶ必要があります。これについて解説します。

基本的な考えとしては「[記事の書き方]」の記事設計と同じです。つまり、次の6つの項目を決めます:

順番項目概要
1ターゲットどんな人向けに記事広告を書くか
2読者の悩み読者が悩んでいることは何か
3悩みが解決する条件悩みが解決するには何が必要か
4悩みの解決策悩みを解決するために商品は何を提供しているか
5商品のメリット商品を使うことでどんなメリットがあるか
6商品の信頼性商品が信頼できる根拠は何か

これをふまえて、次の構成で記事を書きます:

  1. 読者の悩みに共感する(上記1〜2)
  2. 悩みが解決する条件を書く(上記3)
  3. 商品が提供する解決策を書く(上記4)
  4. 商品の信頼性を書く(上記6)
  5. 商品のメリットを書く(上記5)
  6. 商品に誘導する

このような:

読者への共感→解決策の条件→商品の信頼性の提示

という流れは、セールスライティングの鉄則です。たくさんのサイトで使われている手法です。記事広告を書くときは、この流れで書くといいです。

セールスライティングについてより学びたければ、「セールスライティング大全」が最適です。この本についてはレビューを書いているので次に示します。下記レビュー自体も上の構成をもとに書いているので、参考になると思います。

loading...

関連記事

loading...

おわりに

以上で技術ブログを始めるためのすべてがわかったと思います。始めると決めたら、サーバーの契約からWordPressの設置まで15分もかからないので、今日始めてみてください。

技術記事を書いたら、ぜひ私のツイッター(@zenizh)まで教えてください!積極的にシェアさせていただきます。

以上となります。ここまでお読みいただいてありがとうございました。

applis
エンジニアとしてのんびり暮らす
お問い合わせ
ご意見・ご質問やお仕事のご依頼などは下記よりお願いいたします
お問い合わせ
© applis