情報発信

エンジニアが情報発信をすべき理由と、3つの手段

読者のイメージ

エンジニアが情報発信をすべきなのはなんとなく感じてるんだけど、本当に必要なの? あと情報発信をするとしたら、なにをすればいいのかな。

といった疑問について、記事でお答えしていきます。

この記事を読むことで、エンジニアの方が情報発信をすべき理由と、なにをすればいいのかがわかります。情報発信に悩んでいたら、ぜひ読んでみてくださいね。

私はTwitterやGitHub、また本ブログをとおして情報発信をしてきました。転職の面談で評価の対象となったり、情報発信をとおして仕事の依頼を受けたこともあります。

また、過去に情報発信をやめてしまった期間もあります。こういった経験をもとに、この記事を書いています。

この記事で想定している読者の方

この記事は、プログラミングを学んでいる方、またエンジニアとしての実務経験が1〜3年目の方を主な読者として想定しながら書いています。

エンジニアにとっての情報発信とは

エンジニアがする情報発信とは、主に技術情報の共有を目的として発信することですね。たとえば:

  • バグとその解決方法
  • ライブラリの紹介
  • 新しい技術に対する考察

といった技術情報を文章として公開したりします。あるいは、作ったライブラリを公開することも情報発信のひとつですね。

エンジニアが情報発信をすべき理由

エンジニアの方が情報発信をするメリットとして、大きく次の4つがあります:

  1. セルフブランディングになる
  2. 他の誰かの役に立つ
  3. 自分のためになる
  4. 文章力が向上する

ひとつずつ見ていきます。

1. セルフブランディングになる

情報発信をしていると、内容によっては転職や社内での面談のときに評価されたりします。また、あなたのスキルがわかるようになるので、あなたのスキルを頼りに仕事の依頼が来たりします。

あなたの人となりもわかりますので、他のエンジニアの方とコミュニケーションが取りやすくなったりもしますね。

2. 他の誰かの役に立つ

Twitterや技術ブログで情報発信をすると、その情報を見た方が抱えている課題を解決できるかもしれません。あるいは、公開したライブラリをちょうどほしいと思っている方がいるかもしれませんよ。

3. 自分のためになる

Twitterや技術ブログは他の方が見ることになります。他の方がわかるように文章を書くので、思考の整理になり、知識として定着しやすくなります。あと、将来の自分が参考にすることもできますね。

4. 文章力が向上する

文章力はエンジニアにとって大切なスキルのひとつですね。ドキュメントを書いたり、チャットでコミュニケーションをとるときにも必要になりますが、このスキルを大きく高めることができます。

こういった理由があるので、エンジニアの方は情報発信をどんどんやっていくべきですね。

読者のイメージ

でも、そんなことする時間なんてないよ。

たしかに、『情報発信をすること』が目的になってしまったら、時間を作るのは難しいかもしれません。でも、たとえば『自分のために書く』といった理由なら、続けられませんか?

なにかしら情報発信をするモチベーションを作れるといいですね。これについては後述します。

エンジニアにとっての情報発信の手段

読者のイメージ

情報発信をすべきというのはなんとなくわかったよ。情報発信をはじめようと思うんだけど、なにをすればいいの?

情報発信にもいろんな手段がありますが、私は次の3つがいいと思っています:

番号手段内容
1Twitterニュースのシェア、エンジニアとの交流、更新情報のシェア
2GitHubライブラリなどのソースコードを公開
3技術ブログバグの解決方法、体系的な知見などを公開

技術情報の発信という意味では、この3つでほとんどをカバーできると思います。他にもポッドキャストやYouTubeなどが考えられますが、ちょっとハードルが高いので書いていません。

技術ブログをはじめるメリットについては別の記事で書いていますので、そちらもあわせてご覧くださいね。

loading...

技術ブログはWordPressがおすすめ

技術ブログを書く場所についてはQiitaZennだとプラットフォーム的に書きたいことが書けない・書きづらいことあります。はてなブログなどのブログサービスは広告が表示されたり遅いなどのデメリットがあります。

こうした理由から、私は技術ブログをはじめるならWordPressがいいと思っています。これも別の記事で書いているので、ご覧ください。

loading...

例:私の情報発信

参考までに、私がやっている主な情報発信のアカウントやURLを紹介しますね。Twitterについては、プロフィールや投稿を見ていただいて、有益そうならフォローしてもらえるとうれしいです。

エンジニアが情報発信をするモチベーション

情報発信が長続きする秘訣は、人によっていろいろあると思います。私の場合ですが、私はとにかく自分のために情報発信をしています。

私はこのサイトで技術情報を書いていますが、動機としては『将来の自分が参考にするため』です。私は物覚えがわるいので、『このサイトを見ながら仕事をすればなんとかなる』という状況を作るために記事を書いています。

たとえばこのこの記事自体も、将来の自分が情報発信で目的を見失ったときに読み返すことで、モチベーションを取り戻せたらいいな、という動機で書いています。

あと、副次的に他の誰かの役に立てるのもうれしいですね。Twitterでお礼のメッセージをいただいたりしますが、これを見たときに「がんばろう」と思えたりします。

あなたなりの情報発信のモチベーションを作れるといいですね。

まとめ

エンジニアが情報発信をすべき理由と、情報発信の種類についてまとめました。まだ情報発信をしていない方は、ぜひはじめてみてくださいね。

著者
ぜに/Hiroki Zenigami

Webエンジニア&プロダクトマネージャ←プログラミング教育で起業←東大院←熊本高専。 共著に「現場で使えるRuby on Rails 5」。

関連記事関連書籍人気記事
applis
エンジニアとしてのんびり暮らす
お問い合わせ
ご意見・ご質問やお仕事のご依頼などは下記よりお願いいたします
お問い合わせ
© applis