目次

技術ブログはアフィリエイトで収益化しよう!AdSenseは儲からない?

本ブログは主にアフィリエイトでマネタイズしていて、収入は「技術ブログの収入とPV数」で公開しています。今でこそ収入が生まれていますが、初めはマネタイズについて試行錯誤していました。

この経験を元に、この記事では技術ブログにおける収益化とは何か、収益化する方法、アフィリエイトがいい理由について解説します。この記事を読むことで、ブログを書けば書くほど収入がふえる仕組みを作れるようになると思います。

著者
Hiroki Zenigami

テクニカルライター。元エンジニア。プログラミング教室を作るのが目標です🚀 共著で「現場で使えるRuby on Rails 5」を書きました。

スポンサーリンク

技術ブログの収益化とは

技術ブログにおける収益化とは、「ブログ上に広告を掲載することによって収益を得るための取り組みのこと」をいいます。例えばあなたが技術書のレビュー記事を書くとき、収益が生まれるまでの流れは次のようになります。

  1. 技術書の広告を取得する
  2. 技術書のレビュー記事を書く
  3. 記事を読んだ人が広告をクリックして技術書を購入する
  4. あなたに収益が生まれる

技術ブログを収益化する2つの方法

技術ブログをマネタイズするには、主に次の2つの方法があります。

  1. アフィリエイト
  2. Google AdSense

ひとつずつ見ていきます。

1. アフィリエイト

アフィリエイトとは「広告主が提供する広告を技術ブログに掲載して、成果が発生したら報酬を受け取る仕組みのこと」をいいます。上の技術書の例をイメージするとわかりやすいと思います。広告の種類は、技術書の他にも次のようなものがあります。

  • Webサーバーや独自ドメイン
  • 転職・副業
  • プログラミングスクール

これら広告はASPとよばれるサービスから提供されます。アフィリエイトは技術ブログのアクセス数によらず、記事の書き方によって高い収益を生むことができます。技術ブログに限らず、ブログを収益化する代表的な方法です。

2. Google AdSense

こちらはGoogleが提供しているマネタイズの手段になります。記事の内容や読者の行動履歴に基づいて広告を表示します。AdSenseの収益は、ブログのアクセス数に大きく左右されることになります。たくさんのアクセス数が期待できる一般向けのブログに適した方法といえます。

スポンサーリンク

技術ブログの収益化はアフィリエイトがいい

この2つの方法のうち、技術ブログはアフィリエイトがいいです。その理由としては次のようなことがあります。

  • AdSenseはクリックされづらい(特にエンジニアから)
  • 技術ブログはアクセス数が少ない

これについて詳しく書きます。

AdSenseによる収益化が難しい理由

まず、Google AdSenseは記事の内容・読者の行動履歴に基づいて広告を表示します。「どのブログを見ても表示される広告がほとんど同じ」という経験はあなたにもないでしょうか。これはリターゲティング広告とよばれるもので、「単純接触効果=何度も繰り返し表示することで好感をもってもらうこと」を目的としたものです。

どのブログでも同じ広告を表示しているのに、わざわざあなたのブログでAdSenseをクリックするでしょうか。もはや運のようなものです。実際、AdSenseのPV単価はアフィリエイトに比べて低くなりがちです。

【導入手順付】アドセンスの仕組み・稼ぎ方・収益目安」によると、AdSenseの収益は一般的なブログで0.25〜0.5円/PVとされています。つまり1万円を得るために必要なPV数は2〜4万PVです。

技術ブログの場合はもっと減って、「技術ブログは稼げるのか?1年以上続けた結果の収益は?」によると3万PVで6,000円です。「技術ブログ開設6か月の経過報告」でも同程度とされています。つまり0.2円/PVです。

この場合、1万円を得るのに5万PVが必要になります。5万PVというとかなりのハードルですが、それでも1万円しかもらえないのはちょっとさみしいです。

アフィリエイトがいい2つの理由

ではどうすればいいのかというと、主張のとおりアフィリエイトです。アフィリエイトがいい理由として、次のことがあります。

  • あなたの経験をコンテンツ化できる
  • たくさんのアクセス数を必要としない

まずひとつ目、アフィリエイトはあなたの経験をコンテンツ化できるのが大きな強みです。例えばあなたがRuby on Railsの記事を書き続けて、あなたのことが好きな読者ができるとします。こういった方に向けて、Railsの学習に最適な本のレビューを書いたらどうでしょうか。

スポンサーリンク

あるいは、あなたがRailsのプログラミングスクール出身で、その経験をもとにスクールの比較記事を書いたらどうでしょうか。少なくとも、Google AdSenseよりクリックされるイメージはできると思います。つまり、次のような流れができます。

  1. 技術ブログを書き続ける
  2. あなたのことが好きな読者ができる
  3. 広告が掲載された記事を読んでもらえる
  4. 広告がクリックされる
  5. 収益が生まれる

実際に私もほとんどアフィリエイトのみで収益化しています。収益とPV数の関係は「技術ブログの収入とPV数」の通りです。PV単価がいいことがわかると思います。技術ブログを収益化するなら、アフィリエイトに取り組むとよりたくさんの収益を作ることができます。

アフィリエイトのやり方

技術ブログでアフィリエイトをする手順は、次の2つになります。

  1. ASPに登録する
  2. アフィリエイト記事を書く

1. ASPに登録する

ASPは技術ブログに掲載するための広告を提供するサービスです。ASPとは何か、また登録すべきASPは「技術ブログで登録すべきASP」にまとめています。ASPに関しては、無料で登録できて、かつ自由に退会できます。広告の種類や使いやすさなどによって合う・合わないは人それぞれですので、まず一通り登録してみるといいです。

2. アフィリエイト記事を書く

また、記事についてはただ書けばいいというものではなく、モノを売るための書き方のコツがあります。これは「アフィリエイト記事の書き方」で解説しています。以上2つを実践すれば、あとは記事を継続して書いていくだけで収益を作れます。

おわりに

アフィリエイトは技術書のレビューなどを通して収益を上げることです。Google AdSenseはエンジニアにはクリックされづらく、また収益に必要なアクセス数も技術ブログという性質上少ないので、お金になりづらいです。技術ブログを収益化したいなら、アフィリエイトによるマネタイズが適しています。

あわせて読みたい

著者
Hiroki Zenigami

テクニカルライター。元エンジニア。プログラミング教室を作るのが目標です🚀 共著で「現場で使えるRuby on Rails 5」を書きました。

スポンサーリンク

ブログをはじめよう

技術ブログの始め方を、たくさんの画像で分かりやすく解説しました。これまでブログをやったことがない人でも、エンジニアにとって重要なブログを今日から始められます。