テクニカルライターとは?仕事内容・将来性など【なくなるのか】

テクニカルライターとは具体的に何なのか、どんな仕事内容なのか。職業として気になっているけど、その将来性が心配かもしれません。

私はテクニカルライターとして働いています。この経験をもとに、テクニカルライターという職業についてまとめます。

この記事を読むことで、テクニカルライターとは何かが分かり、キャリアを考える参考になればうれしいです。

著者
Hiroki Zenigami

テクニカルライター。開発者向けのドキュメントを書いています。元エンジニア。共著で「現場で使えるRuby on Rails 5」を書きました。

目次

テクニカルライターとは

はじめに、テクニカルライターの定義について整理します。まず、テクニカルライティングとは、「テクニカルライティングとは何か」の中で、次のように定義しました。

ある技術について、読者に分かりやすく伝えること

例えば、次のようなものを制作するとき、テクニカルライティングを行う、と言えます。

  • 一般の消費者に向けた、自動車や家電製品などの取扱説明書
  • 開発者向けのドキュメント

このようなものを制作する職業が、テクニカルライターになります。私もテクニカルライターとして、開発者向けのドキュメントを書いています。

テクニカルライターの仕事内容

テクニカルライターの役割は、前述の通り「ある技術について、読者に分かりやすく伝えること」です。つまり、次の3つが主な仕事内容になります。

  • 技術を理解すること
  • どんな読者がいるかを知ること
  • 分かりやすい文章を書くこと

この3つを行うために、例えば企画担当者や開発者から、技術についての共有を受けます。あわせて、読者についての情報をインプットします。

この技術と読者をふまえて、分かりやすい文章を書きます。文章を書いたら校正・校閲を受け、最終的に読者に届けます。場合によっては図を制作することもあるかもしれません。

もちろん所属する組織によって変わりますが、テクニカルライターの主な仕事内容は上述のようになると思います。

テクニカルライターに必要なスキル

テクニカルライターに必要なスキルについては、「テクニカルライターに必要なスキル」の中で、次の3つを紹介しました。

  • 技術力
  • 文章作成力
  • コミュニケーション力

まず、文章を書く対象となる技術の知識が必要になります。例えば、ウェブ関連の開発ドキュメントを書くのであれば、ウェブの基本的な知識が必要です。

文章作成力はイメージしやすいと思いますが、いわゆるライティングに関するスキルです。例えば、「3級 テクニカルライティング試験」に合格するための勉強を通して身につけることができます。

コミュニケーション力について、テクニカルライターは企画担当者や開発者などと連携して文章を作成することがあります。このため、円滑なコミュニケーションを行うための能力が必要です。

私はエンジニアからテクニカルライターに転向しました。これは所属する組織によると思いますが、私はエンジニアのときよりもコミュニケーションの機会がふえました。コミュニケーション力の重要性が伝わればと思います。

テクニカルライターの将来性

Googleで、「テクニカルライター 将来性」というキーワードで検索する方が多いようです。キャリアを考える上で、その将来性が不安になるかもしれません。

結論としては、テクニカルライターの将来性は「業界による」と考えています。

基本的な考え方として、その職種があることで会社に何らかの利益をもたらせば、その職種は存在し得ます。これに加えて、その業界が成長産業であれば、将来性があると言えます。

成長産業とは、例えばSaaSを提供している企業などがあります。Stripeやサイボウズ、SmartHRなどが該当します。

テクニカルライターのキャリアを戦略的に考えるのであれば、基本的なテクニカルライティングのスキルを身につけつつ、業界に関する知識を収集します。こうすることで、将来にわたってテクニカルライターとして働いていけると思います。

テクニカルライターはなくなるのか

これもGoogle検索の話になりますが、「テクニカルライター なくなる」というキーワードによる検索が多いようです。背景には、AIの登場があるように思います。

結論としては、テクニカルライターはなくならないと考えています。

もちろん、単なる文章の作成はAIでもできるかもしれません。実際に、いくつかのサンプルをもとに文章を作成するサービスも登場しています。

ただ、テクニカルライターの役割は「読者に分かりやすく伝えること」です。技術を理解し、どんな読者がいるかを知った上で、分かりやすく伝える必要があります。

近い将来で、ここまで実現できるというのは、私にはちょっと想像できません。

逆に、分かりやすく伝えるためにAIを活用するスキルというのは重要になると考えています。AIと共存する、というイメージです。

まとめ

テクニカルライターとは、「ある技術について読者に分かりやすく伝えること」を主な仕事内容とする職業になります。文章を書くことはもちろん、技術を理解し、企画担当者や開発者とコミュニケーションを行ったりします。

職業としての将来性は十分にありますが、どの業種に身を置くかが重要になると言えそうです。

著者
Hiroki Zenigami

テクニカルライター。開発者向けのドキュメントを書いています。元エンジニア。共著で「現場で使えるRuby on Rails 5」を書きました。

\ よかったらフォローしてください /
関連記事関連書籍
人気記事
applis
アプリケーション開発について学ぶブログ
お問い合わせ
ご意見・ご質問やお仕事のご依頼などは以下よりお願いいたします
お問い合わせ
© 2020-2022 applis